【LEFUN ネットワークカメラ】購入レビュー | 意外と高性能!大切な家族の見守りに最適です

我が家は共働きのため、出張や残業が重なると子供が一人でお留守番をすることがあります。

子供だけで過ごす時間がとても心配なので、子供の見守り用にネットワークカメラを購入することにしました。

はたして安価なネットワークカメラがどれほどのポテンシャルを秘めているのか!

要チェックだね!!

目次

1)基本情報【LEFUN】

【スペック】

項目概要
メーカーLEFUN
メーカー型番C13
サイズ縦8.5cm×横8.5cm×高さ12 cm
重さ236g
カラーホワイト
画素数300万画素
解像度1536P
レンズ可動域水平350°、垂直100°
ズーム8倍
外部ストレージMicroSDカード128GB
対応OSiOS8.0、Android4.2以上
その他機能双方向会話
暗視撮影
動体検知、顔検知、音声検知による警報通知
多端末接続可能
価格7,999円 ※2020年3月8日現在のAmazon価格参照

【内容物】

「カメラ本体」「マイクロUSBケーブル」「USBアダプタ」「取扱説明書」が付属しています

録画する場合は、別途「MicroSDカード」が必要だよ

【外観】

形は丸っこくてかわいいです。球体部分に「カメラ」「センサー」「マイク」が配置されています。

横から見るとロボットみたいです。

背面下部に「電源(MicroUSDケーブル)」「リセットボタン」「MicroSDスロット」「LANコンセント」が配置されています。

2)初期設定を行う

初期設定は、取扱説明書を見ながらやれば簡単なのですが、設定方法が特殊なので、取説をなくしてしまうと設定に困りそうです。

又、インターネット上にもこの手のネットワークカメラの初期設定方法が詳細に載っているページがないため、自分への備忘録という意味も含めて初期設定方法をどこよりも詳しく解説します。

取扱説明書をなくしたら二度と使えなくなっちゃうからね

アカウント登録を行う

1.「MIPC」というアプリをインストールする

他社の類似製品もほとんどこのアプリを使って設定するので、他社製品の設定時にも参考になるかと思います。

2.アプリを開くと以下5項目の許可を求められるので、すべて「許可」する
3.ログイン画面で「新規登録」をタップする
4.ユーザー名とパスワードを入力して「新規登録」をタップする

※「ユーザー名」は「先頭にアルファベットを使用した3-32文字」、「パスワード」は「英数字含む8-32文字」という制約があります

5.アカウント登録が完了したので、「今すぐログイン」をタップする

デバイス(カメラ)を追加する

6.先ほど登録したユーザー名とパスワードを入力して「サインイン」をタップする
7.左上の「+」をタップする
8.「PTZカメラシリーズ」をタップする
9.カメラ本体の底面に記載されたQRコードをカメラでスキャンする

カメラの底面にQRコードがあります

インターネットに接続する

10.「Wi-Fi」をタップする

おかしな表現(健全な関係)がありますが、気にしないでください

11.「アクセスポイント名」と「パスワード」を入力して「次へ」をタップする

この製品は、Wi-Fi周波数2.4GHzのみに対応しており、5GHzには対応していませんので注意してください。
また、この後の設定でスマートフォンも2.4GHzのWi-Fiに接続している必要がありますので、このタイミングでスマートフォンも2.4GHzのWi-Fiに接続しておいてください。

12.ネットワークカメラの電源がついていることを確認してから「次へ」をタップする

ネットワークカメラの電源が入っていない場合は、電源を入れてから「水滴が落ちるような音」がするまで待ってから「次へ」タップしてください。

13.ネットワークカメラ背面下部にあるリセットボタンを1秒押してから放し、音声が流れたら「音声が聞こえました」をタップする

音声は「英語」で何かしらの文章を話します。

14.スマートフォンの音声スピーカーとネットワークカメラを10センチ以内の距離に近づける

スマートフォンから音声信号が流れますので、驚かないでください。

15.「追加できました」と表示されたらインターネット接続完了なので「OK」をタップする

初回セットアップを行う

16.インターネット接続後、「初回セットアップ」ウィンドウが自動的に立ち上がるので「設定」をタップする
17.デバイス(ネットワークカメラ)で設定したいパスワードを入力して「次へ」をタップする
18.デバイス(ネットワークカメラ)に付けたい名前を入力して「確認」タップする
19.クラウドストレージを購入しない場合は「使用を開始」をタップする
20.カメラリストに追加したネットワークカメラが表示されていれば設定完了

3)操作方法

操作可能な箇所は、以下の7項目です。

  • ①スピーカーのON/OFF
  • ②動画撮影
  • ③写真撮影
  • ④マイクON/OFF
  • ⑤画質設定
  • ⑥動画、写真の再生
  • ⑦各種設定

その他の操作として、左右上下にフリックすることで、カメラの向きを変えられ、ピンチアウト、ピンチインすることで、ズームイン、ズームアウトできます。

注意点として、双方向会話は可能ですが、①をONにした状態で④を長押ししている間、こちらの声が相手に聞こえ、④から指を放すと相手の声が聞こえるようになりますが、指を放すタイミングや通信のタイムラグなどにより、相手の音声の冒頭部分が聞こえなかったりする場合があります。

⑤画質設定画面です。基本的に変える必要はないかと思います。

⑤各種設定画面です。ここでいろいろと設定を変えられますが、特に「アラーム・検知機能」はオンになっていると検知する度にスマホに通知が届きますので、必要ないときはOFFにしておかないと結構ウザいです。

4)性能

【画質】

必要十分な画質で、人の表情まではっきりと映してくれます。

今回購入した商品は「300万画素」ですが、LEFUNのネットワークカメラには「200万画素」~「500万画素」までの商品ラインナップがあり、当然画素数が高くなればなるほど高額になります。

「200万画素」では画質に不満が残り、「400万画素」以上では通信量が多くなるため、見守りが目的なのであれば「300万画素」の本商品がベストだと思います。

Amazon価格を確認したところ、1,500円引きのクーポンが適用可能でした。

クーポンを使えば「6,499円」でメチャメチャお買い得だね

上画像は照明がついている明るい時の画像で、下画像は照明が消えている暗闇時の画像です。

暗闇でもある程度はっきりと映すことができるので、赤ちゃん、介護、ペットの見守りに最適です。

モーション検知」や「音声検知」でアラートを飛ばしてくれるから防犯カメラとしても優秀だね

【音質】

双方向会話時の音質については、話す側も聞く側も音声がややこもりますが、十分に内容を理解することができます。

離れていても声が聞けるのは安心できるね

ただし、スピーカー(聞く)とマイク(話す)は同時に使用できないため、マイクを有効にしている間はネットワークカメラからの音声は聞くことができません。マイクボタンを放すタイミングや通信のタイムラグによっては、相手の話の冒頭部分を聞き逃してしまう場合があるので、注意してください。

5)まとめ

最初は、価格も安かったため期待していませんでしたが、画質も音声も想定以上のクオリティーでした。

ネットワーク環境に依存する部分もあるかと思いますが、我が家の環境では画像や音声の遅延もなく、快適に使用できています。

Amazonの説明文章などでは明らかにおかしな言い回しがあり、不安な点もありましたが商品自体はしっかりと作られているという印象で、費用対効果が非常に高い製品でした。

耐久性についても現在使用して10ヵ月ほど経ちますが、不具合などは特にありません

ネット上には類似商品がたくさん出回っており、どれが一番とは言えませんが、少なくともこの商品に不満はなく、おすすめできる商品です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる