【2020年最新版】初心者でもできる!WordPressdブログの始め方|STEP5 テーマを決める【有料テーマおすすめ5選】

STEP4でWordPressの初期設定が終わりましたので、遂にブログのデザインやレイアウトをカスタマイズする段階に来ました。

のアイコン画像

WordPressはここからが楽しいよ

WordPressはそのデザイン性の自由度から、ありとあらゆる設定ができますが、STEP5ではその大枠となる「テーマ」を決めていきます。

目次

テーマ選びのポイント

テーマ選びは、今後のブログ運営の根幹になってくる部分なので、非常に重要なファクターなのですが、本記事は「知識ゼロの初心者向け」ですので、「SEO対策」だとか「レスポンシブ対応」だとかの小難しい判断基準は抜きにして、以下の3点のみにフォーカスして自分のブログに合う「テーマ」を選んでください。

  • 有料テーマか無料テーマか
  • デザインが好みか
  • サポートサービスやフォーラムがあるか

有料テーマか無料テーマか

結論から言うと、「知識ゼロの初心者」には有料テーマおすすめです。

のアイコン画像

初心者だから「有料テーマ」が使いこなせるか心配

のアイコン画像

宝の持ち腐れになるんじゃないかな

と思われるかもしれませんが、初心者だからこそ「有料テーマ」を使用することで、以下のようなメリットがあります。

  • 圧倒的にデザインがいい
  • カスタマイズが簡単
  • SEO対策を考えて作られている
  • 必要なプラグインが少なくできる

圧倒的にデザインがいい

有料テーマ」は、無料テーマに比べて圧倒的にデザインがきれいです。

何か検索をしたときに自然と目に留まるようなブログは、ほとんどの場合「有料テーマ」を使用しています。

デザインがいいので記事が読みやすくサイトの滞在時間が上がって、結果として多くのページを読者に読んでもらえます

有料テーマも無料テーマも「WordPress」から作られていますので、突き詰めれば無料テーマでも有料テーマと同じことができるのですが、初心者が1から作り上げるのは不可能に近く、知識を身に着けるだけで途方もない時間が必要です。

有料テーマ」であれば最短距離で理想とするデザインを手に入れられます。

カスタマイズが簡単

ブログの運営を始めると、あれやこれやとやりたいこと表現したいことが増えていきます。

そんな時、無料テーマだと基本設定からカスタマイズできる項目が限られている場合が多く、CSSやHTMLの知識がないと文字サイズの変更や装飾の変更ですら自由にできません。

のアイコン画像

初心者にCSSやHTMLは触れないよ⤵

有料テーマ」では、ほとんどのレイアウトやデザインをカスタマイザー(基本設定)から変更できるため、ブログ作成の時間を劇的に短縮できます。

ブログ作成の目的が日々の記録を付けたいというだけであれば、「有料テーマ」は不要かもしれませんが、多くの人に見て欲しい、収益化を目指したいという場合は、「有料テーマ」を買うことは時間を効率的に使うことに繋がります。

SEO対策を考えて作られている

「有料テーマ」は「SEO対策に強い」とよく言われますが、有料テーマを使ったからそのブログが検索上位に表示されるというわけではありません。

以下のようなことを総合して設定することで、結果として「SEO対策に強い」サイトが作成できます。

  • サイトの信頼性を高める
    プライバシーポリシーを設置する運営者情報を設置するお問い合わせフォームを設置するetc
  • ユーザーの利便性を上げる
    表示速度を上げるSSL化するHTMLサイトマップを設置するレスポンシブ対応されているetc
  • クローラーが巡回しやすくする
    XMLサイトマップを設置するサイト構造を簡単にする内部リンクを最適化するetc

多くの「有料テーマ」では、上記のSEO対策が簡単に設定できるよう設計されているため、有料テーマを使用することで自然と「SEO対策に強いサイト」に仕上がります。

必要なプラグインが少なくできる

無料テーマでは専用のプラグインを導入しないと実現できないようなことが、有料テーマではプラグインなして実現できる場合があります。

プラグインは多く入れすぎてしまうと、サイトのが重くなってしまったり、レイアウトが正しく表示されなくなってしまったりしますので、少ないに越したことはありません。

2)デザインが好みか

有料テーマには、必ず「公式HP」が用意されています。

公式HPには、販売されている「有料テーマ」で使用されていますので、「デザインの特徴」や「サイトの見え方」が明確にイメージできます。

のアイコン画像

メガネ屋の店員が必ず自分の店のメガネをしているようなものだね

「有料テーマ」はどれも考えられて作られていますので、最重視すべきポイントは「デザインが自分好みかどうか」だと思いますので、いろんなテーマを見て自分が作ろうとしているブログのイメージに合ったテーマを選んでください。

記事の後半で「おすすめの有料テーマ5選」を紹介していますので、まずは気になるテーマの公式HPを見に行ってデザインが自分好みかを確かめてみてください。

3)サポートサービスやフォーラムがあるか

私もそうですが、完全初心者に「CSS」や「HTML」の書き方はわかりません。

又、ブログをカスタマイズしようとすると初めて聞くような専門用語もたくさん出てきます。

特に記事を書き進めいていくと、デザインアレンジや使いたい装飾などが増えてきますので、完全初心者は歯がゆい思いをするはずです。

そんな時、問い合わせ先や雑談掲示板などがあると問題点を早期に解決することができます。

本サイトで使用しているテーマの「SWELL」では、購入者限定の「フォーラムサイト」が用意されているので、わからない点や適切に表示されない部分などの質問がすぐにできて、開発者が直接質問に回答してくれます。

僕自身もこれによって何度も問題を解決できました。

完全初心者には、「サポート体制」が整っているかどうかもテーマを選ぶのに重要なポイントですので、事前に下調べをしておきましょう。

おすすめの有料テーマ5選

テーマについては、実際の公式サイトを見たり、使っているブログを見つけて自分の好みに合うものを使うのが良いかと思いますが、参考としておすすめのテーマを5点紹介します。

1)SWELL

画像元:SWELL
価格17,600円(税込) ※2020年3月1日現在
複数サイトでの利用
ブロックエディター対応完全対応
初心者へのおすすめ度

SWELL」は、当サイトで使用しているテーマです。

特徴は、最新のブロックエディターである「Gutenberg(グーテンベルグ)」に完全対応しており、アップデートも頻繁に行われているため、今後も長く使用していくことができそうです。

デザイン性もよく、きれいなサイトがシンプルな操作で作れるため、初心者に最適で特におすすめです。

SWELL」の特徴や使用感については、別記事にまとめましたのでそちらをご確認ください。

2)SANGO

画像元:SANGO
価格10,800円(税込) ※2020年2月29日現在
複数サイトでの利用
ブロックエディター対応一部対応(クラシックエディター推奨)
初心者へのおすすめ度

SANGO」はブログでも有名なWEBクリエイター「サルワカ」さんが作成した大人気テーマです。

Googleのマテリアルデザインを多く取り入れており、そのデザインは柔らかく居心地の良いサイトに仕上がります

カスタマイズ性も高く様々な装飾を施すことができるので、サイトのイメージに合わせやすいです。

内部SEOにも最適化されており、一般的に必要とされているSEO対策はすべて施されています

ただし、多くの方が使用しているため、デザインが被りやすいのとブロックエディターへの対応が遅れていることがデメリットです。

3)WING(AFFINGER5)

画像元:WING(AFFINGER5)
価格「スタンダード版」14,800円(税込)
追加機能「EX版」12000円(税込)
追加機能「JET(子テーマ)」4,980円(税込) ※2020年2月29日現在
複数サイトでの利用
ブロックエディター対応一部対応(クラシックエディター推奨)
初心者へのおすすめ度

AFFINGER5」は、多くのアフィリエイターが愛用する「稼ぐことに特化したテーマ」です。

とにかく多機能で、全ての機能を使うことができれば、「クールなサイト」から「モダンなサイト」「可愛いサイト」まで、ありとあらゆるサイトを作ることができます

当然、内部SEOにも最適化されており、稼ぐために必要な要素が詰まっています。

ただし、やれることが多いということは必要な知識も多く求められるため、「中級者~上級者」向けのテーマといえます。

また、注意すべき点として「AFFINGER5」は「スタンダード版」に様々な追加機能を組み合わせて多機能を実現するテーマで、最低限必要と言われている「EX版」と「子テーマ」を購入すると3万円を超える高額なテーマになってしまいます。

4)JIN

画像元:JIN
価格14,800円(税込) ※2020年2月29日現在
複数サイトでの利用
ブロックエディター対応一部対応(クラシックエディター推奨)
初心者へのおすすめ度

JIN」は有名なアフィリエイター「ひつじ」さんが開発に携わったテーマです。

女性受けするような可愛らしくて居心地の良いサイトが簡単に作れるため、万人受けするテーマといえます。

機能もシンプルで使いやすく、初心者でも簡単にカスタマイズができます。

デメリットとしては、表示速度が遅めなことと、ブロックエディターへの対応が遅れている点です。

5)DIVER

画像元:DIVER
価格17,980円(税込) ※2020年2月29日現在
複数サイトでの利用
ブロックエディター対応完全対応
初心者へのおすすめ度

DIVER」は、アフィリエイトに最適なハイスペックでハイクオリティなテーマです。

100以上のテーマを研究して作られたと謳うだけあり、アフィリエイトに特化した機能が満載です。

設定できる機能も充実しており、レイアウトの自由度も高いので、使いこなせれば優れたアフィリエイトサイトを作ることができます。

ブロックエディターにもしっかりと対応しているので、今後の将来性も明るいといえます。

ただし、ブログというよりも企業サイトや商用目的のサイトに向いている印象で、中級者以上の方でないと使いこなすのが難しそうです。

おすすめ無料テーマ1選

1)Cocoon

画像元:Cocoon

おすすめの無料テーマは「Cocoon」一択です

実際に私も最初はCocoonでブログを始めたのですが、デザイン性やカスタマイズ要素も豊富だったので、当初は「有料テーマ」の購入を考えていませんでした。

のアイコン画像

無料テーマで十分でしょ

ただ、設定をしていく中で、細かな装飾や配置、フォントサイズの変更などにプログラミングの知識が必要だったことで、記事作成に取り掛かる前に挫折してしまい、有料テーマの「SWELL」に切り替えました。

ただし、表示が高速化(AMP対応)されていたり、完全レスポンシブ対応(スマホ最適化)されていたりと無料テーマの中では破格の機能を搭載していますので、シンプルなデザインで問題なかったり、プログラミングの知識がある方であれば十分なテーマといえます。

【まとめ】知識ゼロから始める!WordPressdでブログを開設する手順 | STEP5 テーマを決める

繰り返しになりますが、 「知識ゼロの初心者」には「有料テーマ」がおすすめです。

有料テーマはデザイン性に優れるだけでなく、レイアウトや装飾の設定が簡単にできるものが多いので、結果として時間の節約につながります。

節約できた時間をつかって、記事の質を高めたり記事数を増やしたりすることができるので、初期投資の1万数千円は決して高くないと考えています。

「有料・無料」どちらを選ぶのも個人の自由ではありますが、後々になってからテーマを変えるのは大変な手間がかかったり、表示不具合が発生したりする場合もありますので、テーマの特性を十分に理解した上で決めることをおすすめします。

のアイコン画像

テーマは慎重に選んでね

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる